1. ホーム
  2. マニュアル
  3. アプリ
  4. Windows
  5. 接続ウィザードによるファイルの同期設定

接続ウィザードによるファイルの同期設定 (Windows)

ファイルの同期設定について

デスクトップアプリの「接続ウィザード」を設定することによって、エックスドライブへの接続と、ローカルフォルダとの同期を設定することができます。 設定したローカルフォルダに対して各種データのアップロードやダウンロードが自動的に行われます。

アプリは「アプリのインストール」の手順に従って、インストールしてください。

1.ストレージ管理パネルのアドレスを入力し「次へ」をクリック

デスクトップアプリを初回起動すると「XDRIVE 接続ウィザード」が表示されます。ストレージ管理パネルのアドレスを入力し、「次へ」をクリックしてください。

接続ウィザードの設定 (Windows)

ストレージ管理パネルのアドレス サーバーID.xdrive.jp

※サーバーパネルでアクセス制限設定を有効にしている場合、ご利用の端末のIPアドレスをアクセス許可設定に追加する必要があります。

※URL変更機能で初期ドメイン以外を設定している場合、ご利用中のURLを入力してください。

2.「ログイン」をクリック

アカウント接続画面で「ログイン」をクリックしてください。

接続ウィザードの設定 (Windows)

3.「ユーザーID」と「パスワード」を入力

ユーザIDとパスワードの入力画面でストレージ管理パネルの「ユーザID」と「パスワード」入力し、「ログイン」をクリックしてください。

接続ウィザードの設定 (Windows)

4.「アクセスを許可」をクリック

アクセス許可画面で「アクセスを許可」をクリックしてください。

接続ウィザードの設定 (Windows)

5.オプション設定後「次へ」をクリック

ローカルフォルダのオプション設定画面が表示されます。必要に応じて設定を変更し、「接続」をクリックしてください。

接続ウィザードの設定 (Windows)

ファイルの同期は、下記の2種類から選択できます。

サーバーからすべてのファイルを同期する

入力したユーザーアカウントで管理しているすべてのファイルを、指定したローカルフォルダーに同期します。

同期フォルダーを選択

入力したユーザーアカウントで管理している特定のフォルダーのみ、指定したローカルフォルダーに同期します。

6.セットアップ完了

接続ウィザードによるセットアップが完了すると、設定画面が表示されます。
オプション設定に応じてローカルフォルダへのファイルの同期が開始されます。

接続ウィザードの設定 (Windows)